電子業界におけるスクリーン印刷ロゴ 電子業界におけるスクリーン印刷技術情報を製版から設計、装置、インクのレオロジー、印刷性、方法論まで提供。 プラズマディスプレイ(PDP)、 フラットパネルディスプレイ(FPD)、プリント配線基板、ハイブリッドIC基板など分野の高精細印刷、ソルダー印刷、穴埋め印刷などに対応。

電子業界におけるスクリーン印刷技術の情報サイト

トップページ > プロジェクトリーダーの胸のうち8

プロジェクトリーダーの胸のうち

ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8

 その後私達は、自分達のアイデアが正しいことの確証を得るまで、追試験・追試作を半年近く必要としたでしょうか。
クリーンルームの室温管理がきちんとなされていると誰もが認識し、また、その都度確認もしていただけに、たった1,2℃の温度が致命的な ほどの影響を与えるファクターであるとは予想できなかったのでしょう。
しかし、今となっては、未踏の領域では誰も陽を当てないファクターこそ疑わしいと考えるようになっています。

「リーダー」とか「トップ」とか呼ばれる方々は、真の意味に於いては極めて孤独なものです。

強烈なアゲンストの風のなか、誰にも相談できず、周囲に弱気なそぶりを見せることもできず、それでも関係者を巻き込んで突き進 まなければなりません。

私のような稚拙な者のリーダー経験からも、多くのことを学びました。

 まず、人間は寝ている間でさえ仕事をすることができることを知りました。
私は1.5年の間、ただひたすらに、どのように課題を解決するかを考えつづけました。寝ている間は当然、体は休んでいるわけですが、 頭の休息時間はそれほど必要ではなく、その時間を利用して何らかの思索をすることができるようです。
頭の休息時間が短くてよいというセオリーは後に本を読んで知りました。

 また、困難を打ち破るためにはある種あきらめること、思考を停止することが必要であると知りました。
もし私が最後まであきらめずにひたすらに考えつづけていたら、課題を解決するためのアイデアを生むことはなかったでしょう。
私の周辺の方々は、私が最後まであきらめなかったから、執念を持ちつづけたから、課題を解決することができたとおもっていますが、 実際は私は、本当のところは、最後にはあきらめてしまっていたのです。 そして、思考を停止した瞬間、決定的なアイデアを生成することができた のです。

これと似たようなことを主張される本もありますので、やはりある側面では本当のことなのでしょう。

世の中にはプロジェクトなどという名前は氾濫しておりますが、本来の意味に於いてはプロジェクトと言うものは極めてハードな 仕事であると思います。
もしこれを読まれている方が、これからプロジェクトリーダーを執ることになったのであれば、極限状態の覚悟が必要であると申し上げて おきます。

最後に、本稿に記載のディスプレイパネルは近々上市されるようです。
ディスプレイパネル全体の開発に比べれば、本稿にあるような私の苦労など極めて些細なことかと思われます。
本稿記載のディスプレイパネル開発者、関係者すべての方々に最大限の敬意を表して、ここに記録しておきます。

【Jan.2005】


管理人のオススメ!(amazonへ)

アイデアのつくり方表紙 アイデアのつくり方
ジェームズ.W.ヤング(著)今井茂雄(訳) TBSブリタニカ


ここにあるのは、アイデアを生むための本質的アルゴリズムであると思います。ここまで読んでいただけた方には、きっと 共感していただけるでしょう。


ページ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8



ページのトップに戻る

おわり



PR Copyright 2004 © hearts14
電子業界におけるスクリーン印刷 ( screenprint.jp )