電子業界におけるスクリーン印刷ロゴ 高精度なスクリーン印刷を行うための方法等についての記事。 雑誌論文、公開特許情報等の公開情報を基に、高精度化のためにどのような方策が検討、提案されているかを調査。

電子業界におけるスクリーン印刷技術/高精度化

トップページ > スクリーン印刷技術情報一覧 > 高精度化(公知文献)

公知文献から見る高精度化の方向性

ここでは、雑誌論文・特許などの公開情報を整理して、各社のスクリーン印刷に関する高精度化の方向性を 調査したいと思います。

印圧の計測印圧をその場計測

印刷中、スキージに印加された印圧をその場計測し、レギュレータにフィードバックする構造が提案されています。 スクリーン印刷 では、基板表面の多少の凹凸は、スキージの弾力性が吸収していると考えられ、それが一つのメリットでもあります。 本提案は、 さらに動的に印圧を制御するための構造であると言えます。

文献著者等メモ
特開平7-76065富士機械製造(出願人)ロードセルによる検出
スキージに取り付け
特開2000-218762松下電器産業(出願人)マスク側方に取り付け
特開2002-283536ソニーM.E.(出願人)ドクターに取り付け
特開2003-034014富士機械製造(出願人)スキージの変形を検出

インクや装置の温度制御インクや装置の温度制御

安定した印刷状態のために、ペーストや印刷装置を温度制御することが提案されています。

文献著者等メモ
特開平5-162285ソニー(出願人)インクの温度、粘度を
一定に
特開2003-062974ヤマハ発動機(出願人)フレーム、インクの温度
を一定に
特開2004-223827日立他(出願人)テーブルに温調機構


高精細化の方向性へ高精細化の方向性へ


PR Copyright 2004 © hearts14
電子業界におけるスクリーン印刷 ( screenprint.jp )