電子業界におけるスクリーン印刷ロゴ 電子業界で利用され得るスクリーン印刷装置の概要、種類について一部アニメーションを使用した記事。 スクリーン印刷装置の各部装置名称も概説。

電子業界におけるスクリーン印刷技術/印刷機・装置

トップページ > スクリーン印刷技術情報一覧 > スクリーン印刷装置

スクリーン印刷装置

ここでは、この分野で利用されるスクリーン印刷装置について記載します。

フラットベッド型印刷機フラットベッド型

フラットベッド型印刷機 フラットベッド型の模式図を示します。

近年はすっかり電装化されており、エアシリンダが使われている箇所もスキージ/スクレーパの加圧部などごく限られてきて います。
少しサイズが大きくなるとほとんどはアライメントカメラ付き、オートアライメントになるようです。


やはりポイントになるのは、メカの剛性と、各部の停止精度、平行精度などかと思われます。
印圧の加圧部は、スキージ自身の重量をキャンセルするための背圧シリンダを装備したものなどもありますが、それよりも シリンダ自体の摩擦が今後は問題視されてくるものと思われます。


また、オフコンタクト ( 版離れ ) 機構部 は、機械式のものとモーター式のものとがあり、それぞれの制御方法によっては、実クリアランス (製版と基板とのギャップ)が異なってきますので注意が必要です。
いずれの方式でも、スキージの移動と同期して製版の片側を持ち上げるような構造になっていますが、例えば、スキージ移動量vs 版の持ち上げ量が直線関係の場合には、実クリアランスは放物線状となりますので、基板中央部にスキージが来ている時には 実クリアランスは意外と大きくなっていたりします。

曲面印刷機曲面印刷機(1)

曲面印刷機の模式図

曲面印刷機の一例を模式図で示します。


右の図をクリックすると、アニメーションgif ( 6KB ) が別ウィンドウで表示されます。




曲面印刷機曲面印刷機(2)

曲面印刷機2の模式図

曲面印刷機の別の一例を模式図で示します。


右の図をクリックすると、アニメーションgif ( 5KB ) が別ウィンドウで表示されます。




装置ヘッド部構造へ装置ヘッド部構造へ


PR Copyright 2004 © hearts14
電子業界におけるスクリーン印刷 ( screenprint.jp )