電子業界におけるスクリーン印刷ロゴ 電子業界におけるスクリーン印刷で利用され得るやや特殊な印刷装置、方法、機構についての記事。 真空印刷、加圧容器印刷、密閉型ヘッドについて、雑誌論文、公開特許公報等を基に調査、概説。

電子業界におけるスクリーン印刷技術/特殊印刷

トップページ > スクリーン印刷技術情報一覧 > 特殊印刷(公知文献)

公知文献から見る特殊印刷の方向性

ここでは、雑誌論文・特許などの公開情報を整理して、各社の特殊スクリーン印刷に関する開発の方向性を 調査したいと思います。

真空印刷真空印刷

気泡を巻き込まないための方法として、真空印刷が提案されています。

文献著者等メモ
特開平10-313015東レエンジニアリング
(出願人)
真空容器内で印刷
特開2000-202986日本レック(出願人)印刷室と搬送室を分離
特開2003-205594野田スクリーン(出願人)ワーク供給室を併設


半導体・LEDの封止、プリント配線板のビア穴埋め、フラットパネルディスプレイの封止などで利用されるようです。


気泡をなくするために真空中で印刷する という極めてわかりやすい方法ではありますが、

  • 装置が大型化してしまう
  • インクにとっては過酷な環境である

など、いくつかの課題が予想されます。

加圧容器印刷加圧容器印刷

スクリーン開口部からのインク吐出をよくするため、スクリーン上部を密閉加圧して印刷する方法が提案されています。

文献著者等メモ
特開平7-9658松下電器産業(出願人)スクリーン上部を密閉
版離れ時に昇圧
特開2000-202986ミナミ(出願人)エアバッグで昇圧


版上側から版開口部を通って基板側に空気の流動がありますので、版開口部をインクが通過しやすいという発想です。


ソルダー印刷時のインク詰まり(ミッシング)には有効である可能性があります。

密閉型ヘッド密閉型ヘッド

インク中溶剤の蒸散による粘度変化を少なくする等のため、インク・スキージ等をハウジング内に収納した密閉型ヘッドが 提案されています。

文献著者等メモ
特開平10-6470谷電機工業(出願人)容器内に攪拌装置内蔵
特開2001-105567古河電気工業(出願人)メカポンプ式供給
特開2001-347633松下電器産業(出願人)流路に絞り部内蔵
特開2002234133ミナミ(出願人)スキージ、スコップ内蔵
特表2002-504445DEK(出願人)チェンバー構造の詳細
特表2002-540592スピードライン(出願人)サックバック機構付


意見

近年、ソルダーペースト印刷の分野では多用されつつあるようです。
インクの吐出力が高くなることは容易に想像できますが、インクの回収と清掃のことを考えると腰が引けてしまいます。

密閉型ヘッドの記事はこちら密閉型ヘッド記事


高精度化の方向性へ高精度化の方向性へ


PR Copyright 2004 © hearts14
電子業界におけるスクリーン印刷 ( screenprint.jp )