電子業界におけるスクリーン印刷ロゴ スクリーン印刷時の設定条件、設定方法、プロセスに関する業界用語、技術用語、テクニカルタームの意味についての記事。 クリアランス ( ギャップ )、オフコンタクト量、スキュー角等について概説。

電子業界におけるスクリーン印刷技術/用語(印刷条件2)

トップページ > スクリーン印刷技術情報一覧 > 用語印刷条件2

用語印刷条件2

印刷条件、設定値関連の用語について記載します(2ページ目)。

クリアランス クリアランス

クリアランスの説明図

印刷製版と印刷物とが成す間隔をクリアランス、ギャップ、版間隔、スナップオフなどと呼称します。


オフコンタクト機構を使用している場合には、スキージの移動とともに実際のクリアランス量は変化する場合もありますので注意が必要です(ref; オフコンタクト)。

オフコンタクト量 オフコンタクト量

オフコンタクト量の説明図

スキージの移動とともに、製版の片側を持ち上げていくオフコンタクト機構 ( 版離れ機構、離着機構 ) が備わっている場合もあります。
このときの持ち上げ量をオフコンタクト量などと呼称します。


  • インクの粘度が高い
  • 印刷パターンの面積が広い
  • (相対的に)スキージ速度が速い

などの場合、印刷物面に製版が張り付いてしまい版離れがわるくなります。
このような場合に版離れを良くする目的で印刷装置に備わっている場合があります。


オフコンタクト機構は、スキージの移動とともに実際のクリアランス量が変化する場合もありますので注意が必要です(ref; オフコンタクト)。

スキュー角 スキュー角

スキュー角の説明図

スキージの移動方向とスキージ長軸とが成す角度をスキュー角などと呼称します。


基板辺や印刷パターンと、スキージの長辺とが平行になると不具合を生じる場合などに利用されます。

印刷用語印刷用語に関する書籍を調べる

用語(日本語/英語対応)へ用語(日本語/英語対応)へ


PR Copyright 2004 © hearts14
電子業界におけるスクリーン印刷 ( screenprint.jp )